やりたいこと=「職業」なの?

f:id:dodonpanman:20170521215727p:plain




よく会話のくだりで「やりたいことないの?」って質問すると「職業」の答えがかえってくる


別に「一生遊びたい」も 「仕事をしたくない」これも実はやりたいことのひとつである


島国で単一思想を教育で目指しているので、上の年齢に行けば行くほど「仕事」していることが立派で一人前である


「金」を稼ぎたいというのも余り聞かなく 喉から手が出るほどみんな「金」が欲しいはずなのに

食いっぱぐれがないであろう「公務員」を小学生のころから親が耳元でささやく

そもそも自分は頭も悪かったせいもあるが「20代」くらいまで公務員という存在すらピンとこず 


新しく生み出す分母が多くなければ、お先真っ暗である

官僚 サラリーマンを多く生み出すシステムは価値創造を生み出すものがいなければ上手く機能しない


最近顕著に「一人あたり」のGDPでみるとかなり低いのが数字としてみえている




もっと多様性が多くみとめられなければ、ぶら下がる相手がいない=食えないのである


隣の席のかわり物は、将来の乗っかる先
かもしれない

ただ自分は仕事(必要とされること)しか生を感じられない