昭和思考と「ユーチューバー」

f:id:dodonpanman:20170512214213p:plain


最近小学生のなりたいランキングに「ユーチューバー」がランクインしているらしい

その親たち自分ら世代(アラフォー)がいまいちユーチューバーを職業と捉えてないし

遊びの延長でしょって思っている


自分も自作パソコン作る時はユーチューブ見ながら作ったし価値を与えてもらっている

大半の方はそもそも文章より動画がのほうがわかりやすいし楽だ(たぶん)

今も昔も社会の価値をたくさんの人に提供しているイコール稼げる

綺麗事はいいから橋とか駅で歌うより知ってもらう人、

分母ふやすためにはユーチューブのほうが断然いいとおもう

職業という概念枠組みもだんだん死後になるだろう


価値を提供すること稼げるって事は、実は今も昔も同じだと思う


酎ハイ3本目